承認依頼メールを自動送付

peter’s collaboration e-mailsを承認フロー構築時に、承認者と寄稿者、そこにカテゴリーを結びつけることができます。
例えば、カテゴリーを部門と考えると、部門ごと寄稿者を紐付けて承認フローを構築できるようになります。

これで擬似的な承認フローができます。

流れとしては以下のとおり。

寄稿者が指定されたカテゴリに投稿し、投稿記事がレビュー待ち状態   ← ここでメールが送信されます。
管理者が承認し、カテゴリに記事公開

一度公開された記事を寄稿者が更新出来ないので、更新したい場合はRevisionaryを導入してください。

実際の設定方法は下記のとおりです。
1.設定画面に移動
「設定」→「公開承認ワークフロー」
-1

2.右に表示された画面を確認します。
一番上に表示されるものは「デフォルトの特権管理者」です
00

3.下にスクロールします。
「グループ別承認者の承認者」を設定できます。グループ名(任意)を記入し、、寄稿者、承認者を選択し、更新ボタンをクリックします。
寄稿者、承認者はユーザの登録で別途実施しておきます。
02

下記のように追加されます。
07

4.さらに下にスクロールします。
「投稿タイプと分類別承認者」が表示されます。
「投稿タイプ固有の承認者を追加」で「投稿タイプ: 」、「分類:」、「条件:」、「承認者を追加:」を選択し、更新ボタンをクリックします。
02

下記のように追加されます。
03

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。